効率よく稼ぎたいなら太パパに育てちゃいましょう!プロのパパ活女子が教える必見テクニック

【稼ぎテク】太パパに育てる方法

 

大富豪で何でも思い通りにしてくれる超ハイスペックパパとの巡り合いを期待していては、いつまで経っても太いパパを作れません。
パパ活をする上で女優並みのルックスを持っていれば有利ですが、外見だけが売りだと数回抱かれたら飽きて捨てられてしまいます。
太いパパを手に入れるには、パパ活女子が育てる必要があります。

 

 

 

とにかく気に入って貰うことが大切

良好な関係のパパとパパ活女子のイメージ

 

甘えておねだりすることも大切ですが、もっとも重要なのは気に入ってもらうことです。
パパは独占欲があるので、気に入って貰えれば自分だけのものにしたいと感じてもらえます。
楽しいデートにすることや、パパ好みの女性(娘)になることを真剣に考えて、目先の利益だけを見るのではなく将来的に自分以外の人では満足できないような娘になりましょう。
お金を持っているパパでも、無差別にお金をバラまこうとはせずに気に入った子に集中投資をしたいと考えているものです。
最初からお金を要求したり高級品をおねだりしたりすると経済力のあるパパでも逃げてしまいます。

 

パパの想いが強くなってきたことを感じたら、他のパパと縁を切りたいなどと理由を添えて月額制やお小遣いの単価アップができないか相談してみましょう。
私の経験上、パパは女性をおとすが得意な人よりも、お金は持っているけど人脈が狭い人や、平凡な所得の40代独身サラリーマンなどが多いです。
40代以上のパパになると、本心は恋人や結婚をしたいけど諦めていて、パパ活でもいいので良好な関係を築きたいと思っている人がたくさんいます。
パパ活アプリなどが普及しているので、パパから見れば新しい娘を見つけるのは簡単です。他の娘では代替できないような存在を目指しましょう。
初めて会ったときに、自ら会話を盛り上げてくれる人や上手にエスコートしてくれる人よりも、女性慣れしていないようなパパの方が太いパパに育てやすいです。

 

 

 

相手の経済力を見極める

パパの経済力を見極めるパパ活女子

 

パパは余剰資金の範囲内でパパ活をしています。まずはパパの経済力を知って目標にする金額を設定しましょう。
パパに無理をさせて負担を大きくさせてしまうと、それがストレスになって関係が長続きしません。
理想は会社経営者など大成功していて、無限にお金を出してくれて、おねだりをすれば何でも買ってくれるようなパパを見つけることです。
パパ活は本物のハイスペックもいますが、全体の比率は意外と低いもので、大成功している人は競争が激しいです。
初心者はハイスペックパパにこだわるのではなく、会社員の独身パパを狙ってみると良いでしょう。

 

たとえば一般企業の40代会社員であれば平均年収は600万円です。
年収600万円だったら、給料の手取りが30万円ちょっとで年に2回のボーナスで手取り50万円ずつの収入がある計算です。
1人暮らしの独身であれば、最低限の生活費は15~20万円ほど。住んでいるエリアの家賃相場にもよって変わってきますが、パパが負担なく払える金額を考えると月に10万円くらいです。
この場合、週に1回必ず会う契約と日常的なメッセージのやり取りで月10万円の定額制を目標にすると良いでしょう。
会社員はボーナスがあるので、誕生日やクリスマスなどを口実に年に2回くらいはプレゼントをおねだりしましょう。

 

月10万円だけでは物足りないと思うかもしれないですが、週1回のペースであれば他にもパパ活をすることができます。
若い男と違ってパパは会うたびにエッチしたいと求めてくることもないので、月に3回食事デート、月に1回はエッチするくらいのペースなら月10万円でも割りが良いです。
長期的に付き合ってくれるパパであれば、イレギュラーに会う回数が多くなっても受け入れてあげましょう。
安定して会う回数が多くなったら、定額のお手当を増やしてもらえないか相談してみてください。

失敗しないお手当の貰い方