日々の連絡事情~パパ活で稼ぐためにコツコツ努力することが大切です!

【稼ぎテク】パパへの連絡頻度と内容

パパへの連絡頻度はどれくらい?

 

パパへの適切な連絡頻度と内容はパパの性格によって変わります。
面倒だと思われないように注意しながら、LINEのメッセージなどが好きなパパにはできる範囲でメッセージ交換に付き合うようにしてあげましょう。
LINEでのメッセージや電話を嫌うパパもいますが、会わない期間が長い場合や次のデートが未定であれば適度なタイミングでフォローの連絡を入れることが望ましいです。
パパ活女子からの連絡が少なすぎると、他のパパを見つけたのではないか?自分のことは好みではないなどネガティブな考えを持たれて関係が終わってしまいます。
多少は失敗を重ねてコツを掴んでいく必要もあるので、迷った時は小まめな連絡と中身の濃い内容を心がけるとよいでしょう。

 

 

なるべく即レスする

素早いレスポンスのアドバイス

 

デートの日程調整をする際やパパから連絡が来た時は、なるべく即レスするようにしてください。
メッセージ等のレスポンスが悪いパパ活女子は悪い印象を持たれます。
忙しい時でも24時間以内の返信を心がけましょう。

 

 

メッセージの終わらせ方

 

パパから頻繁に連絡が来る場合、ある程度のタイミングで終わらせないと永遠に続いてしまうケースがあります。
頻繁なメッセージが苦にならないのであれば、パパの気が済むまでメッセージを繰り返す方法でも問題ありませんが、負担に感じるなら適度なタイミングで終わらせる方向に誘導しましょう。
返信せずに終わらせるのは極力避けるべきで、パパから疑問系のメッセージが続く場合は2~3回は質問を返すなどのやり取りに付き合ってあげるべきです。
適度にメッセージのやり取りをして、もういいかなと思った時は以下の文例を参考にメッセージを終わらせましょう。

 

「次のデートで詳しい話を聞かせてくれることを楽しみにしていますね」
「こんな遅い時間までメッセージに付き合ってくれてありがとうございます。おやすみなさい」

 

あまりにもしつこい場合は、「今日はもう寝ます」、「これから仕事(学校)があるので、返信できなくなっちゃいます」などとストレートにメッセージの終了を告げても問題ありません。
パパから返信があれば、「おやすみなさい」、「お仕事頑張ってください」、「次のデート楽しみにしています」などと一言のみの返信をしましょう。
スタンプのみの返信で終わらせるのはNGで、一言でも良いのでメッセージを入れてからスタンプを併用することをおすすめします。

 

 

何気ない連絡の内容

 

パパとのメッセージで悩むことが多いのが、何気ない連絡をする時の内容です。
メッセージのやり取りを数日していない中でメッセージを送る内容は主に以下の3パターンがあります。

 

  • 自分の話(今日こんなことがありました等)
  • 次回デートの催促
  • 労いの言葉とパパへの質問(例:お仕事お疲れさまです。最近は忙しいですか?)

 

どのような内容が喜ばれるかはパパの性格によって変わりますが、パパ活女子が自分の話ばかりすることは好き嫌いが分かれるので、相手のことが分からない時は避けるべきです。
労いの言葉やパパへの質問など、パパ関連の話題で連絡してあげるとよいでしょう。
状況に応じて、3つの内容を組み込んだメッセージを送る方法でも問題ありません。

 

 

一方的なメッセージも効果的

 

会う頻度が少ない場合や、メッセージのやり取りを面倒だと感じていそうなパパを相手にする時は、週に1~2回のペースで返信しなくても問題ない一方的なメッセージを送るのも効果的です。

 

「こんにちは。最近朝晩の冷え込みが厳しくなりましたね。私は寒いの苦手なので辛い季節の到来です。○○さんもお仕事が忙しいと思いますが、お体に気をつけてください。また連絡します」

 

上記の例文のように、パパを気遣うための連絡を定期的に入れておくことで、パパと良好な関係を築ける可能性が高まります。
返信がなくても、定期的にメッセージを送るようにしてください。
週に1回のペースでメッセージを送って1ヶ月以上返信がない場合は、そのパパとは関係が終わってしまった可能性が高いです。
一方的なメッセージは低リスクですが、コピーしたような内容にするのはNGでパパの環境や性格を考えた内容にすることがポイントです。

 

 

デートで話題を仕入れる

 

上級テクニックとして紹介したいのが、デートした際にメッセージのやる取りで使えるネタを仕入れておくことです。
たとえば、よく見るテレビ番組やドラマ、YouTubeや、ハマっているスマホゲーム、休日の過ごし方を聞いておき、頃合いを見てデートで仕入れた話題を組み入れます。

 

「あれから○○のYouTubeにハマっているけど超面白いね」
「パパを見習ってジョギングに挑戦してみたけど、運動不足だったから10分で力尽きちゃった」

 

こうしたデートで仕入れた話題を、デート直後ではなくパパの気持ちが離れていそうだと感じたタイミングのメッセージで使いましょう。

 

フォローメッセージを見据えてデート中の話題を考えることや、デート直後にメッセージで使えそうな話題をメモに取るなどマメな対応をできるパパ活女子は稼げます!